遺伝子検査を比較してみた。おすすめはこれだ

自分で遺伝子検査が可能に!

DNAの情報から、自分がガンや糖尿病などの大きな病気にかかるリスク、体質などを知ることができる遺伝子検査。いろいろなメリットがありますが、主なものは次の通り。

 

・病気への備えができる
・自分の身体の傾向がわかる
・最適なダイエット方法がわかる
・自宅で簡単にできる

 

遺伝子の情報は一生かわることがないので、検査は一度受ければOK。自分の知りたい情報が検査できる遺伝子検査を選んで受けてみませんか。当サイトでは、目的別におすすめの遺伝子検査をご紹介しています。親と同じ病気になるのでは、ダイエットの結果がでないという方は、ぜひご覧ください。

 

マイコードの特徴

マイコードは、ガンや生活習慣病のリスクや体質がわかる遺伝子検査です。専用キットで唾液を取り郵送するだけ。肺や胃などのガン、生活習慣病、アルツハイマー病など、最大150項目もの病気について検査可能です。また、紫外線による肌の光老化、男性型脱毛症など、体質を知るための項目も。お勧めプランのほか、目的別の検査プランは全4種類。祖先のルーツから新しい自分を発見できるかも。発症リスクを知りたい、病気に先手を打ちたい方におすすめです。

価格 9,800円〜
評価 評価5
備考 遺伝的な病気のリスク、体質を知る遺伝子検査

 

ヒメナのABO式血液型検査キットの特徴

ヒメナのABO式血液型検査キットは、自宅で手軽に血液型の検査ができます。専用の綿棒で口の中をこするだけ、注射やハリは使いません。生後間もない赤ちゃんも検査OK。血液中の抗体を調べる通常の血液型検査と異なり、遺伝子を調べるので高精度でABO式血液型を検査可能。A型ならAAかAOかなど。専用封筒を近くのポストへ投函して終了、約1週間で結果が分かります。血液型検査だけで病院へ行くのは面倒いう方にもおすすめです。

価格 15,120円
評価 評価4
備考 血液型検査

 

ディーダイエットの特徴

ディーダイエットは、ダイエットをトータルサポートする遺伝子検査です。肥満関連遺伝子を調べ、遺伝子タイプより最適のダイエット法が分かります。食べる順番や太りやすい食べ物、効果的なダイエット法やトレーニング法が分かります。さらに、その人にあった、太りにくいメニューを提供。管理栄養士やダイエットサポーターがSNSでサポート。自己流ダイエットで失敗した方、本気でダイエットしたい方におすすめです。

価格 9,800円
評価 評価3
備考 ダイエットサポート遺伝子検査

 

遺伝子検査キットを使うメリットは?

 

遺伝子検査と言えば、昔は病院に行かなければ調べることはおろか、考えることすらできない技術でした。30億もあると言われる人間の遺伝子情報(ゲノム)を読み取ろうと思ったときには、一人あたり1兆円がかかるといわれていた時代もあったのです。

 

しかし、この遺伝子検査が最近では、遺伝子検査キットを利用することで非常に手軽に数万円でも可能になり、健康や美容など多くの場面での活用が見込めるようになりました。一般の人だとしても今や気軽に家庭で遺伝子検査を依頼が可能になっています。

 

家庭で検体を採取して、専門機関に送るだけで検査を受けることができ、そのレポートを後日教えてもらうことが可能なのですが、どういったメリットがあってこのような方法になっているのでしょうか。

 

まず最も大きなメリットは価格面です。遺伝子検査をできるような専門機関は限られており、自分の居住地の近くに無ければ遺伝子検査を受けることは到底不可能でした。しかし、検査キットを用いた方法であればどこにいても採取した遺伝子から検査を受けることが可能です。

 

また、非常に個人的な情報が含まれている遺伝子情報ですから、誰にも知られないで検査を受けることができるのもメリットです。配送されてくるレポートや検査キットもプライバシー保護のために工夫がなされています。

 

そして、こうした検査を受けることによってメリットを数多く受けることができます。自分の体質や先天的な能力や性格の傾向を把握して生活に生かすことができますし、がんなどの遺伝性の病気の発病リスクなどを事前にわかって自己管理に活用することが可能です。

 

検査キットの普及によって、自分のライフスタイルを考え、生活の質を上げる上でもこういった遺伝子検査が今非常に注目されているのです。

 

遺伝子検査の基礎知識

 

最近、遺伝子検査を受ける人が少しずつ増えてきています。その理由は、以前は病院などで最新機器を使って受ける検査で、非常に高額なものというイメージでしたが、今では気軽に自宅で検体を採取し、専門機関に送付するだけで検査結果が送られてくるようになったなど、方法が簡略化され手法が整備されたことが大きいです。

 

しかし、どのような検査が行われているのか正確に知っている人は多くないと思いますので、遺伝子検査がどのようなものかご紹介していきましょう。

 

最近の遺伝子検査は血液などの採取を必要とせず、口の粘膜から分泌物を綿棒で採取するだけでも十分に可能になっています。専用の検査キットに検体を指示通りに入れて送るだけ、となっています。

 

たったこれだけの遺伝子検査ですが、それでも遺伝子情報から、先天的な体質(疾病、肥満、毛髪、その他遺伝性の強いもの)、血液型、今後罹患しそうな病気の種類などをある程度知ることができるようになります。運動能力や芸術性、集中力など、能力的な部分についてもある程度ならわかるそうです。

 

費用は検査項目によってまちまちで、検査項目の数が増えればそれだけ費用も大きくなっていきます。単純なものなら一項目数千円程度からあるようですが、項目が多いものや解析に時間がかかるようなものだと数万円にもなることがあります。検査結果だけではなく、それを通してのアドバイスが一緒に行われることもあり、その場合は多少高額になることもありますが、貴重なデータをもとにした専門家の意見ですから、耳を傾ける価値は十分にあると言えるでしょう。

 

遺伝子検査でわかること

 

遺伝子検査が最近は自宅で検査キットを利用するだけでも簡単にできるようになってきました。こうした検査は医薬品メーカーだけでなく、いろんな分野から参入が始まっており、いろんな活用方法が考えられています。

 

たとえば、どういったことがわかるのかと言うと、最も一般的なのは病気についての情報がわかります。先天的にかかりやすい病気を把握することができることで、生活習慣に注意して病気を未然に防ぐことがある程度可能になるので、特に生活習慣病やガンといった病気に対して有効であると考えられています。

 

遺伝子検査によってわかるのは病気のリスクだけではありません。子供の潜在能力や、性格、体質などの情報を得ることもできます。

 

潜在能力と言えば、たとえば知能レベルや運動能力、記憶能力、芸術的センスや集中力などといった広範な能力を指していて、これがわかると個人をどのように伸ばしていけばいいのかという教育方針を立てていく上で有用であるとされています。

 

また、性格もある程度見えることもあり、忍耐強さや、ストレス耐性、活発さなどもこうした遺伝子検査から読み取ることが可能です。

 

血液検査を行うことをしなくても血液型を知ることもできますし、肥満や筋肉についての情報も得ることができるので、ダイエットや運動などの管理にも有効です。男性では男性型脱毛症(AGA)も遺伝性のものがあるので、その傾向がある程度わかります。

 

こうした情報をわかるだけでは意味が無く、どのように使うかということが大切で、決して遺伝子情報を知ることはその人の未来を占うものではなく、より良い未来を作るために行うべきことを示す道しるべだということを忘れないでください。

 

遺伝子検査に反対する人もいる?

 

まだまだ遺伝子検査を行うことにいろんな意味で抵抗がある人は少なくないと言います。これは、人間の可能性や将来を遺伝子で決める、ゆだねるということに対して、人権を尊重していないと考える向きがあってのことです。

 

しかしながら、最近では、子供が生まれる前に胎児の健康状態を事前にわかるようにする検査が解禁となり、希望があれば、胎児の発達障害などの異常の有無をわかって、おろすこともできるようになったのです。人を一人、しっかり育てることができるかできないかを左右する大きな問題ですから、誰もその決定をあれこれ言うことはできないでしょう。

 

遺伝子検査による影響が一般家庭においてどのような結果をもたらすのかは、まだ前例がほとんど無いのでハッキリしたことはわかりません。

 

遺伝子検査では子供の潜在能力や能力傾向の検査があるのですが、これが子供の将来の決定のために有用だという意見と、子供の好奇心をダメにしてしまい、可能性をせばめてしまうという意見があります。

 

とはいっても、それは教育全体で見ればどのような分野にも言えることで、結局は家庭の問題になります。子供にどのような教育を受けさせ、可能性を引き出させるかは親の責任だからです。

 

その責任と権限をもって、遺伝子検査を行って教育方針を決めるということは倫理上の問題がある行為ではないと思います。倫理上問題があるというのは、他者に迷惑をかけたり、あまりにも本人の人権を踏みにじっていると考えられる場合であって、このようなケースが倫理や人権を問われるものには該当しないと思われるからです。

 

実際問題、子供を一人養育して一人前にするための費用は年々高くなってきていて、生活するのも大変な時代になりつつあります。限りある家計のお金をよりよく使い、より良く子供を教育しようと思った際に、その参考情報のために遺伝子検査を行うことは何も問題がないものと思います。

 

遺伝子検査の費用はどれくらい?

 

遺伝子検査の費用は、昔は何十億円という莫大なお金がかかるといわれていました。最新鋭の高度な検査機器が必要なだけでなく、遺伝子情報の解析にあたるスタッフの人件費やいろんな条件によって、莫大な価格とならざるを得なかったのです。

 

しかし、研究が進むに連れ、一人当たりの遺伝子検査費用を下げようというプロジェクトがアメリカでスタートするようになると、様々な技術革新や発見によって費用はみるみる下がっていくようになり、今では一人10万円以内でも遺伝子検査が受けられるようになりました。

 

最近気軽に申し込むことが可能になった遺伝子検査キットを利用した方法では、さらに低い費用での遺伝子検査も可能です。この場合の費用は、目安としては3〜5万円程度ですが、検査項目や内容によっては1万円を切るものもあるようです。

 

遺伝子検査キットは医学的な目的だけでなく、子供の潜在能力の調査や、肥満や薄毛といった体質的な問題の原因を遺伝子レベルで探り生活に役立てるなどといった用途で使われだしています。

 

この検査では調べる項目が多くなるほど検査費用が高くなりますから、自分が知りたいと思う項目についてだけ検査をしておいた方がリーズナブルです。こういったことに多少費用をかけても、習い事や通院など、そういったことを繰返して出費していくことを考えれば十分にペイすると考えられているため、利用者は意外に多いようです。

 

また、遺伝子の検査を専門機関に依頼する最大のメリットは、専門家がレポートと一緒にアドバイスをつけてくれることです。それによって解析情報が自分にとってわかる情報となって、生活の中で利用可能になります。こういった説明が詳細であればあるほど検査費用が高くなるのですが、いくら項目が多いからと言っても、劇的に自分が検査キットを使って採取する遺伝子の量が多くなるわけではありません。

 

遺伝子検査を受けるならここ!

 

遺伝子検査と一口に言ってもいろいろな種類があるので、ごく限られた医療機関でしか一般向けには行われていないようです。たとえば、ガンの遺伝子検査というものがあって、遺伝的にガンにかかりやすいかどうかを判別することができますが、それはガンの治療を受けられる病院の全てで可能ということではなく、一部の病院であるということです。

 

最近、一般向けに利用されている遺伝子検査キットを使った検査では、医療機関に行くという手間を省き、また近くにそういった医療機関が無かったとしても遺伝子検査を受けることができるので大変便利になっています。

 

遺伝子検査キットというのは、宅配便などを利用して、自宅で採取した遺伝子情報を専門機関で検査・分析してもらって結果を受け取ることができるサービスです。つまり、自宅にいながらにして遺伝子検査を行ってもらえるということになります。

 

遺伝子検査というと自分の細胞の一部を採取して、と考えてしまう人も多いと思いますが、今はそういったことをしなくても、口腔内の粘膜や唾液を綿棒でこすって分泌物を採取するだけでOKです。それをキットについている送付用のキットに保管して送るだけで、数週間程度で検査結果がかえってきます。

 

検査は専門機関にて行われますから安心で正確です。医療センターや運営企業の研究所などでプロがしっかりと検査を行ってくれます。

 

これによって潜在能力や薄毛の有無、肥満の原因や生活習慣病リスクなど、幅広い生活上の情報を入手することができます。病院などで検査を行おうと思っても、知人にバッタリ会ってしまうと気まずかったりしますよね。誰にも知られずに自宅で受けられる検査キットを使った方法はそういう意味でも便利です。